躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

英語学習

  

 

この時期、私は英語の学習に力を入れ始めていた。

 

理由は前回書いた、”憧れの友人”の影響である。

 

サークル内の帰国子女同士、いつも英語でペラペラ話している。私には話してる内容さえも想像できないくらい、全く理解ができなかった。

 

見た目も国籍も皆日本人なのだが、ネイティブで英語を話すととても違和感がある。日本語で話しても、時々単語の発音が良くなる(ップル、ールド、アリカなど・・・)。それがとても違和感があり、不思議であった。それと同時に格好良さも感じた。

 

そんな友人たちと一緒にいると、英語を理解したいと思うようになった。彼女達がどんなことを話しているのかとても興味があった。

 

高校時代に英語の勉強をしてこなかったが、大学の英語の授業は思った以上に簡単で、こんな私でもついていける内容であった。

 

それだけでは物足らず、大学内でネイティブの先生と話せる英会話教室に通った。希望者には毎日一時間、一回あたり¥1000ほどで学べ、他の授業の空き時間に参加できるというものであった。価格もお手頃で、大学内で学べるのでとても都合が良かった。

 

はっきり言って、学習内容は中学生が習う程度のものであったが、ネイティブの先生と話せるという点においては意味があった。3ヶ月ほどで先生が変わり、色々な国の先生に出会え、その国の文化も学べるとこも良かった。

 

大学2年からこの英会話教室に通い、大学3年の前期までほぼ休むことなく通っていた。大学の授業も課題もたくさんあったが、忙しく学校内の教室を行き来していた