躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴15年&HSP。幸せを感じるのって難しい。

人に会うことでエネルギーを使い過ぎて、動けなくなった話

 

月曜日に友人と会う約束をしていた私。

 

朝7時に起きて8時間働き、終わったらすぐに友人宅に向かう予定なので、結構スケジュールがぎゅうぎゅうしている。

 

思い出すと、最近は週1ペースで他の友人と会っていた私は、『あ、やばい、人に会い過ぎだ。』と感じた。

 

HSP双極性障害歴15年の私は、人に会うことがどれだけエネルギーを使うことかを知っている。

 

いくら仲の良い友達でも、長時間一緒に居られないし、一緒にいることがとても疲れてしまう

 

なので人に会うことを避けているし、会ったとしても間隔をあけるようにしている。

 

月に1、2回人に会うくらいが自分にはちょうどいい。

 

 

 

ただでさえ最近は人に会い過ぎなのに、彼が『彼の友人と食事に行こう!』と言い出した。

 

それは私が友人と会う日の前日である、日曜日にだ。

 

『絶対無理!』と思い、断ろうとしたが、彼はしつこく誘ってきた。

 

彼は私の病気について知ってはいるが、当事者ではないので、症状についてはあまり理解してないと私は感じている。

 

【彼のHSP双極性障害に対する勘違い】

  • 外出することは良いことだと思っている
  • 友人と会ったり話したりすることが良いことだと思っている
  • 寝てばかりいることは、良くないことだと思っている

 

私は、人との接触減らすことが生きやすいし、家で過ごす時間がリラックスできる大事な時間である。

 

だが、彼にとって人と会うことは楽しいことだし、外出がリフレッシュできることなのだ。

 

結局彼の話に乗ることにした。

 

 

日曜日は17時から夜中の0時まで、彼と彼の友人とレストラン、バーにいた。

 

就寝したのは1時。

 

7時に起きて仕事。

 

8時間働いて、一度帰宅し、すぐに友人の家に向かう。

 

4時間ほど過ごして、家に帰ったのは22時半。

 

運動したわけでもないし、ただ話していただけなのに、家に帰ると疲れてげっそりとした。

 

そして、ベッドに入るとすぐに鬱が襲ってきた

 

  • 調子に乗って、話すぎ
  • 友人の話をあまり聞けてなかったかもしれない
  • マウントを取ったような話し方をしてしまったかもしれない
  • つまらない話をしてしまったかもしれない

 

そんなことを考えていると、『やっぱり友人と会うべきじゃなかった!』というネガティブな思考に・・・。

 

なんとか寝ることができたが、次の日、いつもの時間に起きることができなかった。

 

休日でも7時頃に目が覚める私だが、体が動かない

 

朝から洗濯をするはずだったが、ベッドから起き上がる元気さえなかった。

 

気がつけば10時。

 

目は覚めるが、まだ起き上がれない

 

12時になって、ようやく朝食が取れるが、過食気味

 

お腹いっぱいでまた昼寝をして、夕方になってやっと少しずつ行動できるようになる

 

行動できると言っても大したことはできず、ソファーに座ったり、YouTubeを見たり、シャワーを浴びたり・・・。

 

もちろん外出はできない。

 

私「ね、見たでしょ?いつもは早起きできるのに、今日は一日中寝てたよ。友人に会うことは楽しいけど、2日連続で人に会うと、これだけ体力が奪われちゃうの。」

 

彼に今どんな体調・状況かを説明する。

 

無理をすると体にどんな影響が出るか、彼にわかってもらいたかった。

 

 

 

これからは、体調管理のため、絶対2日連続で人に会わないし、自分を疲れさせないようにしようと思う。

 

自分から誘ったのに、結局鬱になる

 

躁っぽい時期に調子に乗って、友人10人を家に招き、みんなんでご飯を食べる約束をしてしまった。

 

betterlifewo.hatenablog.com

 

でも当日になると、私の気分はころっと変わってしまい、なんでもめんどくさいし、気だるいモード。

 

自分から誘っておいたのに、人に会いたくない気分になってしまい、後悔。

 

でも誘っておいた手前、今から断るわけにはいかない。

 

招く側であるので、みんなが集まる時間の前に、予約しておいたマンション内のレクレーションルームに食器や食材を運び込む。

 

楽しみなような、めんどくさいような、微妙な気持ちで友人を待つ。

 

 

 

友人たちが来ると、もやもやした微妙な感情はどこかに消えてしまい、お酒を飲んだり、食事をしながら、ワイワイ楽しい時間を過ごした。

 

友人たちがいるときは、めんどくさいなんて一つも思わなかったし、楽しそうにしている友人を見ていると、みんなと集まれてよかったと思った

 

 

数時間後、夜も更けてきたので友人たちが帰宅し、私も自分の部屋に戻った。

 

パジャマに着替えてベッドに入ると、いろんな感情が私を襲ってきた

 

友人たちがいなくなったことで、現実に戻り、いつもの鬱に引き戻されてしまったのだ。

 

  • やっぱり人と会うことで、いつもよりも疲れてしまった
  • 酔っ払って変なことを友人に言ってしまってないか?
  • 調子に乗っておしゃべりになって、自分の話ばかりして、友人の話を聞いてあげれていなかったのではないか?
  • みんな本当に楽しめていたのか?もっと気を使えたのではないか?
  • レクレーションルームを使用後に一応掃除はしたのだが、掃除し残したところはなかったか?
  • マンションの管理人に、「うるさかった!もうレクレーションルームは貸さない!」と言われてしまわないだろうか?

 

いろんなことが不安になる

 

ちょっとのことでも気になってしまう

 

それが頭から離れなくなる

 

『あー楽しかった!またみんなで会いたいな。』と素直に思えない。

 

ま、これがいつもの私のパターン。

 

友人と会った時はいつもこんな感じで反省&不安&鬱で一日が終わる

 

嫌な気持ちが溢れてしまい、その日も寝つきが悪くなってしまった

 

自分から誘ったのに、結果めんどくさくなる

双極性障害2型の私は、基本低空飛行。

 

躁状態でもなく、大うつ状態でもない、軽いうつ状態

 

やる気や気力は出ないが、人の助け無しで一応生活できる。

 

朝起きれる、食事できる、シャワーを浴びれる、アルバイトができる。

 

ただ幸福感が少なく、疲れやすい感じ。

 

これが私の通常運転。

 

 

 

たまに超躁状態まではいかないが、何かしたくてソワソワする時もある。

 

そんな時は、友達と電話したり、会いたくなる。(普段はいくら友達でも、あまり連絡は取らないようにしている。)

 

そして私はいつもよりおしゃべりになって、調子に乗ってしまう

 

私「ねーねー、A子ちゃん。今度遊ぼうよ!いつ会いてる?あ、もっと人誘って、大人数でご飯に行こう!場所はどこにしようか?」

 

ノリノリでいろんなことを提案する

 

あまり考えずに口走ってしまうので、後で後悔することが多々あるのだが、気持ちはちょっぴりハイなので、そんなことはいつも忘れてしまう。

 

一週間後、友人10人が私の家に集まることになった。

 

 

そして当日。

 

調子は悪くはないのだが、低空飛行状態に戻ってしまった私は、なんだか気だるい

 

家で引きこもっていたい気分。

 

楽しみ半分、めんどくささ半分。

 

『やっぱり、今日は遊ぶ約束しなかった方がよかったかなー。そしたらもっと自分の時間作れたのに。』

 

自分から誘っておいたのに、約束したことを後悔する

 

私のチョイ躁状態は長くは続かなかった。

 

しかし10人も呼んでしまったので、今更断ることはできない。

 

『はぁ、乗り切るしかない・・・。』

 

私って超気分屋だ。

 

わたしの2022年・2023年にやりたいこと

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

  • 2022年は、初めて仕事が長続きした年
  • 2023年も、このまま同じ職場で働き続けたい

 

双極性障害HSPの私は、これまで数えきれないほど仕事を転々としてきた。

 

ある時は、怒りっぽい飲食店オーナーが怖くて、仕事中に大泣きして辞めた。

 

コールセンターで働いている時は、私のせいではないのに電話先のお客にキレられて、説教を何十分もされて大泣きしてトラウマになり辞めた。

 

興味がないことが多いので、シンプルに仕事がつまらなくてすぐ辞めた。

 

仕事を長く続けると、仕事量が増えたり責任が多くなるので、長期で勤務はしない。

 

そんな感じで短くて1ヶ月、長く勤務したとしても半年。

 

長く働いた場所なんて1つもなかった。

 

しかし2022年は違った。

 

2021年から続けている飲食店の仕事を、2022年も丸々働き続けたのだ。

 

つまり1年以上連続で勤務している。

 

最長記録更新!

 

私としては超絶奇跡!!

 

鬱の波はあったが、遅刻なし、病欠1日だったし、基本的に週3日〜5日働けた。

 

自分で自分を褒めてあげたいほどだ。

 

2023年もこのまま同じ勤務先で働き続けたい。

 

私は徹底的にやり過ぎてしまったり疲れやすい体質なので、仕事は頑張りすぎず、ぼちぼち&気楽にやっていくのを心がけたいと思う。

 

NHK『高齢化する引きこもり』のドキュメンタリー

 

SNSを見ていて、ふと目に入った動画。

 

NHK WORLD JAPAN (英語版NHKニュース)が高齢化していく引きこもりの人達について密着していた。

 

大学時代から7年間ほど引きこもり経験のある私には、そのままスクロールして無視することができなかった。

 

 

動画の中には40〜60代の引きこもりの男性達が出てくる。

 

無職、両親と同居、1人暮らし、孤立、親の残したお金や年金で生活・・・。

 

  • 引きこもりなんてだらしがない
  • 定職につくべきだ
  • 自分でお金を稼ぐべきだ
  • 自分の好きなことばかりして、遊んでばかりじゃないか

 

大抵の人はこう思い、軽蔑さえするかもしれない。

 

でも動画をしばらく見て、彼らの状況がわかってくると、私には少し親近感が湧いてきた

 

ある引きこもり男性の昔のノートを見ると、以前は仕事にとても熱心で、真面目だった様子が伺える。

 

『引きこもり=何事もだらしがない人』でないのだ。

 

私が推測するに、真面目だったが故に何かがきっかけで、燃え尽き症候群や鬱などの心の病気になってしまったのではないだろうか。

 

今ではオンラインカウンセリングや精神科医に通院など、気軽にできるようになっている。

 

しかし50、60代世代になると、精神科医にかかる人の数や機会は今より少なかったと思う。

 

なので、本人や家族が知らないうちにそのような心の病を持っていたのかもしれない。

 

引きこもりが続き、家族や友人と疎遠になり、しまいには孤独死してしまう人もいる。

 

人から断絶されて、孤独に生涯を終える。

 

人生これ以上の悲しいことはないのではないだろうか。

 

HSP双極性障害の私は、気疲れするので人とあまり関わりたくないと思っているが、家族や友人との繋がりはゼロにしたくない。

 

愛する人との関わりがなくなった世界、誰も手を差し伸べてくれる人がいないと、生きる気力は湧かないと思う

 

そんな引きこもりの人たちを支えてくれているソーシャルワーカーさんたちは、とても凄いし、ありがたい存在。

 

生き方は人それぞれだが、もし苦しい思いをしているのであれば、誰かの助けを受けて、少しでもその苦しみを改善してもらいたい。

 

なんだか色々考えさせられて、見入ってしまった動画だった。

 


www.youtube.com

人にどう思われるかが気になってしょうがない

HSP双極性障害の私は、周りにどう見られているかが気になってしまう。

 

なので、人とコミュニケーションを取ったり、外出したりすると気疲れしていまいがち。

 

(例1)会話の中で強い主張はしない。

  ↓

 人と違う意見を持って、反論されるのが怖い。人から嫌われてしまうのではないかと考えてしまう。

 

(例2)授業中の自主的な発言はしない。

  ↓

 注目を浴びたくないし、間違った答えやマト違いの発言をしてしまったら、クラスメイトにバカなんじゃないかと思われそうで恥ずかしい。

 

(例3)職場で何種類かのお土産をもらったら、まずは同僚に選ばせて、私は残り物をもらう。

  ↓

 自分が一番に選んでしまうと、わがままな人に思われてしまいそうなので。常に遠慮姿勢。

 

(例4)海外では気にしない人が多いが、それでもエレベーターは必ず端に寄って立つようにする。公園などの自転車専用レーンでは、いくら周りに誰もいなくても絶対に歩かない。罰金罰則はないが、決められたルールは守るようにする。

  ↓

 日本人あるあるかもしれないが、規則からはみ出てしまった場合に、他人からの攻撃や冷ややかな目線が怖くてたまらない。

 

 

自分の意見や意思はあるのだが、ほとんど表せていない。

 

どうしてもこの性格は昔から変わらない。

 

だって、人からの評価を気にしすぎているから。

 

もし他人からの反感をかったり批判を受けると、傷つきやすいし、一度落ち込むと立ち直りが遅い。

 

思いも寄らずに、調子に乗って喋りすぎてしまった時も、『あんなこと言わなければよかった。あの人を怒らせて、嫌われてしまったかもしれない。』と鬱になってしまうこともある。

 

なので、当たり障りなく空気のように人と接する。

 

人に良い印象も悪い印象も与えないのが、自分を守る最善の策なのかもしれない。

 

私って存在感ないなと思うが、しょうがない。

 

仕事の閑散期は居心地良し

私は海外の飲食店で接客業のアルバイトをしている。

 

夏は猫の手でも借りたいほど、とても忙しい毎日。

 

お客からのオーダー用紙がずらっと並び、なかなか調理が追いつかず、一生終わらない気がして絶望的な気分になることが多々ある。

 

お客に料理を出す時、思ったよりも時間がかかってしまい、嫌な顔をされることもある。

 

料理を早く準備しなければいけないストレスに加えて、そんなお客の表情を見ると、HSPの私はとても落ち込んでしまう

 

なので勤務日には『今日は忙しくありませんように!』といつも願いながら出勤していた。

 

 

最近冬になり、客の数が減ってきたのを実感する。

 

お客が列を作ることもないし、オーダー用紙がずらっと並ぶことがほとんどなくなった。

 

それに加えて1年以上同じ職場で働いているので、以前と比べて要領は掴めたし仕事が早くなった。

 

たまに失敗もあるが、気持ちが少し楽。

 

さらに、暇になると私だけではなく同僚の心の余裕も増えてきたので、同僚の機嫌を取ろうと考えなくても良くなってきた

 

betterlifewo.hatenablog.com

betterlifewo.hatenablog.com

 

閑散期の今は職場での居心地がいい

 

同僚の気分も悪くないので、気を使わなくてもいい

 

勤務時間が長いので体は疲れているが、忙しすぎてパニックになることもないし、勤務時の私の心に余裕がある

 

売上が明らかに悪いし、飲食店のオーナーには申し訳ないが、このまま閑散期がずっと続いてくれたらいいなと思う。

 

鬱や不安をゼロにすることはできないが、気持ち穏やかに働くことができるので、双極性障害HSPの私にはとても助かる仕事環境だ。

 

「寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26」中村将

双極性障害HSPの私の日課は、不安や失敗など悪いことを常に考えてしまうこと。

 

特にうつ状態の時は最悪だ。

 

ベッドに入って寝ようとするが、次から次へと止まることなく悪い思考が頭の中を巡る。

 

『今日もたくさん失敗してしまった。なんて自分はダメなんだろう。』

 

『なんであんなこと言われたんだろう。あの人まだ怒ってるかな。』

 

寝つきが悪くなったり、酷い時は眠れなくなる。

 

 

 

そんな私が気になった本は、「寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26:著者 中村将』。

 

 

カバーのそでには、

 

毎晩、眠る前に、一日のイヤな経験を振り返ったり、悪かったところを反省してはいけません。「イヤな気持ち」をひきずったまま寝てしまうと、眠っている間に「イヤな気持ち」が脳に定着してしまうからです。

寝る前にはイヤなことを「ニヤッ」と笑い飛ばしてから眠りにつきましょう!眠っている間、笑い飛ばしてしまった「良い気持ち」が定着するからです。

 

と記載されている。

 

『私も、ニヤッと笑いたい。いい気持ちで眠りたい。』と思った。

 

読み進めると、いい言葉がたくさんあった。

 

  • 人生というものは、ありったけの苦労をするから、ありったけの達成感に出会える。
  • 冷たい言葉で心が冷えたなら、しっかり温めることが最優先。
  • 今ここにいるあなたは、3億のレースの勝者。そして、あなたの家族も友人も、3億のレースの勝者。存在するすべての人たちが、祝福されてたたえられる存在である。

 

ユーモアを交えた素敵な言葉に、少し気持ちが楽になった。

 

本を読み終えて、著者の別の本も読んでみたいと思いネット検索してみた。

 

すると残念なことに、筆者は病気で亡くなってしまったらしいが、辛い闘病中に実際にこの法則を実践していたらしい。

 

「寝る前にニヤッと笑わせてもらいました。辛い時にこの本を読めてよかったです。ありがとうございます。」と著者に伝えたい。

 

次回はこの本を読んでみたい↓

時々やってくる死への恐怖

 

ここ2週間ほど、頭の中をぐるぐる回っていることがある。

 

漠然と『死が怖い』。

 

特にきっかけがあったわけではないのだが、頭から離れない。

 

  • 生き物にはいずれ死がやって来る
  • 身近な人がいずれ死んでしまうので、その時のことを考えると辛い
  • 自分は何歳まで生きれるのだろう
  • どんな死に方をするのだろう
  • 病死で苦しむのは嫌なので、できれば老衰がいい
  • 葬儀場で燃やされるのは怖いな
  • 人間として生まれ変われるのか

 

希死念慮があるわけではないし、うつ状態でもない。

 

しかし、たまにこんなことを考えてしまう。

 

こんなこと今から考えても意味がないのに、心配性の私はもうすでに不安になっている。

 

2022年12月まとめ:ゲッソリ気分低め

 

『実家に帰って美味しいもの食べて、こたつに入ってのんびりしたいなー。』

 

年末年始に仕事の長期休みがあればいいのだが、飲食店はそうはいかない。

 

通常通りオープンして、従業員達はせっせと働かなければいけない。

 

仕事の量と勤務時間が増えたことにより、帰宅後や休日は体の疲れを取るのに必死の毎日。

 

ベッドに寝転がっても、昼寝しても、ずっと疲れている状態が続いている。

 

  • 勤務時間 7〜8時間
  • 睡眠時間 8時間
  • 昼寝やベッドでのゴロゴロ時間 4時間

 

残業しているわけでもないけれど、双極性障害で疲れやすい30代の体にはキツイ生活。

 

椅子に座ることも疲れるので、最近はパソコンに向かってブログを書けていないことが残念。

 

勉強や読書にあま時間が取れないので、充実感なしの毎日。

 

旅行やイベントの予定も特になく(HSPで人が苦手なのも原因)、『私の人生、楽しみ喜びが少なくて、なんかスッカスカだなー。』と思ってしまう。

 

終いには彼氏の原因不明の体調不良が続いて、カップル揃ってゲッソリ。

 

体の疲れと鬱が重なるとしんどいので、なんとか疲れを取らないといけないのだが・・・

 

来年は、少し仕事量が減って、体の負担がなくなりますように。