躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴15年&HSP。幸せを感じるのって難しい。

双極性障害の脳は萎縮しているらしい

 

10年程前、双極性障害の新しい治療法を試したいと思い、いつもとは違う病院に行ったことがある。

 

結局その治療法は自分にはあまり効果がなさそうだということで諦めたのだが、その病院の医者に言われたことがある。

 

医者「双極性障害の方は脳が萎縮している人が多いんですよね。」

 

『え?私の脳って縮んでるの!?まだ20代なのに?』

 

これは双極性障害になってから受けたショックの中でもかなり大きなショックだった。(ちなみにショックNO.1は、双極性障害寛解はするけれど完治はしないという事実。)

 

結局、私は脳のMRIをする事はなかったのだが、写真を見たらすぐにわかるらしい。

 

脳の萎縮によって認知機能の障害が起こり、以下のことが低下するという。

 

  • 注意力
  • 学習能力
  • 記憶力
  • 意思決定力

確かに、今の私には全て当てはまる

 

 

私が躁鬱病になったのは21歳の時。

 

それまでは私はというと、小中学校は割と勉強もできた方だし、受験勉強も集中してちゃんとしていた。

 

高校の時はあまり勉強せず集中力も欠けていたが、一応学びたいと思える大学に進学できた。

 

大学1年、2年までは好きなことを学ぶことが楽しかったし、かなり時間がかかってもしっかり課題もこなしていた。

 

 

 

病気になった後は、勉強をしようと思っても集中ができないし、長く椅子にじっと座ることができなくなった。

 

元気のある時はたまに勉強をしようと思ったりするのだが、何度同じことを勉強してもなかなか覚えられない。

 

そして何かを決めることにいつも以上に時間がかかるようになった。

 

例えば旅行へ行くときに航空券を調べるのだが、「どの日程で、どの航空会社で、どの時間帯で、どのウェブサイトから予約をすれば安いのか?」ということが異常に気になってしまう。

 

長所と短所を紙に書き出したし、1日に数時間もそのことを考えたり、何日も時間をかけないと決められない。

 

彼氏に「今日はどこのレストランへ行きたいの?」と聞かれても、いつも決められない。

 

 

 

ほぼ確実に私の脳は萎縮してるだろうと思う。

 

いろんなことに支障が出過ぎている

 

今まで双極性障害は目に見える病気ではないので、頭の片隅ではそれを信じたくない部分があった。

 

だがMRIを撮れば、病気が目に見えてしまうという現実。

 

やっぱり悲しい

 

何しても面白くない連休

連休とシフトの関係で仕事が1週間ほど休みになった。

 

こんな機会は滅多にないので、本当は旅行してリフレッシュしたい。

 

でも、私は最低賃金で働いているアルバイトの身。

 

ただでさえ給与が少ないので、ホリデーシーズンでどこへ行ってもお金がかかるこの時期に、飛行機代やホテル代が通常の1.5倍〜2倍になることを考えると、出かけられるはずがない。

 

さらにどこも人で混んでると考えると、人混みが苦手なHSPの私にはしんどくなりそう。

 

なので旅行は諦めることにした。

 

 

お金をかけず、何か楽しい事はないかと考えてみる。

 

『友達とレストランへ行ったり、飲み会するのがいいかも!』

 

一瞬そう考えてみたが、それもイマイチ気が乗らないうつ状態

 

結局は家でゴロゴロ。

 

色々やりたいことがあったけど、何もできずにベッドに寝転がってばかり。

 

SNSYouTube、ネットフリックス、何をやっても何見ても面白くない

 

何に対しても興味がない

 

かといってたくさん寝れるわけではない。

 

どうしたらいいのか。

 

ただ時間だけが過ぎていく。

 

こうゆう時って、私にはよくあること。

 

年の3割ほどはこんな感じ。

 

虚しいなと思うけれど、かといってどうにかできるわけでもないので、大人しくいつも通り薬飲んで過ごすのみだと思っている。

 

泣かないように我慢

 

オーナーに仕事のことで指摘された。

 

一所懸命、責任感を持ってやっているつもりだが、至らないところがあった。

 

注意するのはオーナーの仕事だし、私もまだまだ未熟なので仕方がない。

 

でも、とても泣きたい気分になった。

 

涙声、声が震えないように何とか誤魔化しながらオーナーと話す。

 

泣かないように、泣かないように…

 

そう思っていたらオーナーの顔が見れなくなった。

 

オーナーは決して怒ってはいなかったし、私に対してキツく言わないようにしてくれてたと思うけれど、それでも私は辛くてしょうがなかった。

 

指摘されることで、私を全否定されてる気分

 

それは自己肯定感が低いせいなのかもしれない。

 

躁鬱で、必要以上の強い責任感持って、したくない仕事をして、自分なりに頑張っているのに・・・。

 

「もうこんな仕事辞めてやる!」とまで思ってしまう。

 

その場は何とか泣かずにやり過ごした。

 

 

 

帰宅後に彼氏とそのことについて話す。

 

彼氏も最近の私のストレスについて心配してくれていたようだ。

 

彼「どうしたら君のストレスを和らげられるのかな?僕はどうしたらいいかな?」

 

私「何も言わず、話を聞いて、そばにいてくれたらそれで十分。」

 

彼は優しくしてくれたが、注意された時の気持ちがぶり返して、涙が出てきた

 

悲しい、辛い、苦しい…

 

気がついたら床に座り込んで、膝を抱えていた

 

立ち上がれない。

 

ふと、胎児の時に母のお腹の中にいる風景を思い浮かべる。

 

『赤ちゃんの頃は、泣いてばかりのこんな人生になるなんて思っても見なかっただろうな。』

 

今までの人生を後悔しているが、どうしようもならない。

 

 

 

このブログを書きながらも、涙が止まらないし、絶望感もある。

 

死にたいとは思わないが、死後は辛い思いから解放されるのかな?と想像してしまう。

 

苦しい苦しい苦しい苦しい・・・ストレスの原因4つ

 

2024年年始から、ストレスの嵐。ここ数年の中で最強。精神的に追いやられている。

 

 

 

<ストレスその1>マネージャーの不在

 

いつもよく働くマネージャーが、他店舗にヘルプに行くことが多くなった。

 

そうなると、私のシフトがコロコロと変更になり、長時間勤務になる。

 

そして他のアルバイトの子達に仕事を教えたり、指示をしなくてはいけなくなる。

 

躁鬱病の私にとって、人に教えたり、責任を取る仕事って苦痛でしかない。

 

「私がしっかりしないといけない。」

 

と強く思いすぎて、自分で自分を追い込みすぎて苦しくなってしまう

 

 

<ストレスその2>オーナーの不在

 

マネージャーがいないことが増えたことに加えて、今度はオーナーが2週間の休暇を取ることになった。

 

シフト変更、いつもよりも長時間勤務、それに加えて、店のオープン前から閉店までの12時間勤務することが数日続いた。

 

これだけ働いているのに、更にオーナーの仕事を引き継いで発注の仕事まで任されてしまった。

 

「頼れるマネージャーがいない日もあるし、私がなんとかしなければ。ミスできない。」

 

やっぱりストレスが大きすぎたようで、生まれて初めて蕁麻疹ができてしまった。

 

ふくらはぎ、太もも、腕が痒い。

 

特にふくらはぎが真っ赤になってしまい、肌がボロボロ。

 

赤みは一週間続き、その後皮までめくれてきた。

 

ストレスで鬱思考、体がだるい、やる気が出ない、ベッドで寝たきりなどはよくあることだが、肌にまで影響が出ることは初めてだった。

 

 

<ストレスその3>ビザ問題

 

今暮らしている国で永住したいと思っているのだが、ビザ取得が色々難しい。

 

この国で頑張っても永住できないのであれば、時間を無駄にしているような気がしてしまう。

 

 

 

<ストレスその4>妊活

 

彼氏と妊活の話はしているのだが、なかなか話が進まない。

 

理由は、ビザの問題、収入面の問題だ。

 

今住んでいる国で永住できるビザがないのに、どうやって子供を産んで育てていけばいいのか。

 

収入も安定しないし、2人で働いていても生活はギリギリ。

 

「子供なんてしばらくは無理!」と言いたいところだが、私はそうは言えない。

 

年齢のこともあるので、今すぐ妊娠したい気持ちもあるからだ。

 

そんな間で私はとても辛い毎日。

 

光のない地下に閉じ込められているようだ。

 

 

たくさんのストレスの中で、どうやって生きていけばいいのかわからない。

 

何の楽しみもないし、ただ耐えるだけの毎日。

 

家にいる時はもちろん、仕事中もぼんやりしているし、鬱を誤魔化せずに働いている。

 

最近は夜中に必ず起きて、その後1、2時間は寝れなくなってしまった

 

寝てる時は何も考えなくて済むんだから、本当はぐっすりと眠りたい。

 

苦しい、苦しい、苦しい、苦しい・・・。

 

朝から無意識の鬱に悩まされる

ストレスが溜まってくると、自分の意識の外でも鬱を感じる

 

 

最近は長時間労働のシフトになり、体がとても疲れている。

 

そして、私が住んでいる国のビザを更新しなければいけないのだが、なかなか手続きが進まずイライラ。

 

休日は一歩も外に出かけることができないし、気分も沈んだままで、大好きなYoutubeで何を見ても面白くない

 

 

 

ある日の朝、体は眠ったままで動かないのだが、嫌なことが頭を駆け巡って離れない。

 

辛い辛い辛い・・・

 

金縛りに近いのかもしれない。

 

体が起きてしまえば、嫌なことから気を逸らすことができるのに。

 

何十分だろうか、辛い鬱状態にしばらく悩まされたのちに、やっと目が覚めた。

 

なんと目覚めの悪い朝だろう。

 

今日1日が始まることが怖くなるほどだ。

 

私の体と精神の限界がそこまできているということだろうか。

 

 

躁から2日後の鬱

何気ない生活が幸せと感じた日。

 

ちょっと躁に入ってるのかと感じた2日後。

 

深めの鬱到来

 

 

過去を考えて後悔、辛さで自分を責める。

 

将来を考えても、絶望感がのしかかり、幸せなイメージができない。

 

過去も未来も私を鬱に引き込むだけ。

 

さて現在、この時間はというと、だるいしどこも行きたくないし、何もしたくない。

 

普通の幸せや生きがいが欲しいが、八方塞がり。

 

生きてるだけでいいんじゃない?

 

休日、部屋に1人。

 

朝9時に起きて、ぼーっとYoutubeを見ながらコーヒを飲む。

 

何も考えず、ベッドに横になってダラダラする。

 

久しぶりにマッサージクッションを使って、肩や腰のコリを取る。

 

気が向いたので、サボりがちな掃除をしてみる。

 

15分ほどで簡単な掃除を終えると、気分がスッキリ。

 

紅茶が飲みたくなってお湯を沸かす。

 

・・・・・

 

あー、なんだかこれでいいかも。

 

普通に生きているだけで、私の人生いいのかも。

 

これで十分幸せじゃない?

 

多くを求めてあれこれ考える必要ないのかも。

 

 

仕事で疲れてはいるが、ぼちぼちやってる。

 

薬の量は1ヶ月前の半分で、リーマス300mgとレキサルティ1mg。

 

最近は妊活のことを考えて、薬を減らしたり変えたりして試しているので、ちょっと薬の面では不安定。

 

大抵鬱で辛いことしか考えられない私のだが、それでもふわっと湧いてきた幸せという感覚にびっくり。

 

幸せのハードルを低くしてみようかな。

 

ゆっくりできる時間が幸せ。

 

美味しいご飯が食べれて幸せ。

 

彼や家族と一緒に時間を過ごせて幸せ。

 

深く考えると頭が疲れるから、これくらいで幸せなのかも。

 

こんなふうに考えられるって、今は躁状態なのかも。

人と会っても鬱じゃない日②

 

人と集まることがあったのに、不思議なほど嫌な気分になやず、調子が良かった私。

 

気分よく眠れた次の日。

 

ふとある人のことを考える。

 

それは前日誘ったのに私の家に来ることができなかった友達Yのことだ。

 

Yの家は私の家からも近く、10分もあれば歩いて来られる距離。

 

友達Y「ごめんね、今日は疲れていていけないの。」

 

無理強いするつもりはなかったが、他の友達とも仲がいいので私としては来てほしかった。

 

 

なんでYは私の家に来なかったのだろうと考えだした。

 

急に誘ったのが悪かったのかな?

 

前々から予定立てて誘えば良かったのかな?

 

私悪いことしたのかな?

 

Yの気分が悪かったのかな?

 

もしかして怒ってたのかな?

 

考え出すとキリがなくなってくる。

 

だんだん自分に非があるような気分になってきた。

 

 

 

 

 

奇跡的に『人と会っても鬱じゃない日!』になったと思っていたが、そううまくはいかなかった。

 

結局気にしがちのHSP躁鬱病の私は軽い鬱になった。

 

あえて良かった点を言うならば、数時間ほどモヤモヤした気持ちが続いたが、その後はすぐ平常に戻ったことだ。

 

まあ、悪くはない。

 

人と会っても鬱じゃない日①

 

今日は友達Eと会う約束をしている日。

 

2人とは長い付き合いなので、なんでも話せる仲。

 

当日の朝、そのことを友達Fと友達Gに話す。

 

友達F「私も一緒に行こうかな!何時から集まるの?」

 

友達G「私も行く!」

 

ノリで急遽FとGも参加することになった。

 

HSP躁鬱病の私は、人に会いたくなる時はあるのだが、決まってその後になってしまう。

 

あー、あんなつまんないこと言わなければよかった。

 

あー、あの人を傷つける言葉を言ってしまったかな。

 

みんな楽しめていたかな?

 

周りのことを気にしてしまって、自分自身も楽しめないし、後悔ばかりしてしまいがち。

 

その日は鬱になって泣くこともしばしばある。

 

 

 

みんなに会えることが楽しみな反面、いつも通りの不安があった。

 

でも、もう約束してしまったし、キャンセルはできない。

 

私の家にみんなが来る予定だったので、ひたすら部屋を片付けることに集中し、あまり不安に思う時間がなかった。

 

 

 

みんなが家に到着。

 

食べ物がみんなに行き渡っているか?

 

飲み物がなくなっていないか?

 

周りを見渡して、つまらなそうな顔をしている人はいないか?

 

多少の気を使うことはあったが、5時間ほど友達と楽しい時間を過ごした。

 

 

 

みんなが帰宅したあと、いつも感じる後悔や嫌な気持ちがない。

 

あー楽しかった!

 

みんなで集まれておしゃべりして良かった!

 

すごく晴れ晴れとした気持ち

 

就寝する前も鬱にならず、モヤモヤした気持ちもなく、スヤスヤと眠れた。

 

薬を増やしたわけでも、躁状態でもない。

 

いつもとは違う状況で不思議な気分だった。

 

寝る前に涙が込み上げる理由

 

夜12時頃、ベッドに入る。

 

寝る前に必ずスマホでニュースやSNSをチェック。

 

いつもはすぐに眠たくなって10分ほど眠るのだが、今日はなかなか眠くならない。

 

自然と今日あったことが思い出される。

 

そして涙が出た

 

今日を振り返ると、辛いことがあった。

 

勤務中の同僚Fの態度がいつもと違って怖かったからだ。

 

 

 

同僚Fは陽気でお喋りなタイプ。

 

いつもハッピーオーラで、仕事で失敗したとしても気分の切り替えが早い。

 

同僚Fがミスの後は5分、10分くらいで鼻歌を歌い出した時には私はとても驚いた。

 

私の場合はミスをしたらすぐ鬱になって、数日間回復できない時もあるので、とても羨ましい性格だ。

 

 

そんな同僚Fは今日は違った。

 

食材を誤って床にこぼしてしまったのだ。

 

しかも油まみれで掃除が大変。

 

その間にもお客からの注文はどんどん入って、営業終了間際だったが店は慌ただしかった。

 

同僚Fの気分はガタ落ち。

 

その後、いつもお喋りな同僚Fは異常なほど静かになった。

 

10分、20分、30分…

 

一言も話さない。

 

私は同僚Fにやって欲しいことがいくつかあったのだが、指示しにくい。

 

普段と違いすぎるので、HSPの私は色々考えすぎて怖くなった

 

・静かな理由は実は失敗による落ち込みじゃなくて、私に怒ってる?

・私が変なことを言ってしまった?

・私がうまくフォローできなかった?

 

何か雰囲気を変えたくて、同僚Fに音楽の話題を振ってみるが、反応が薄いし声も小さい。

 

HSPの私には沈黙が辛い

 

静かになって1時間ほど経って、また私は何気ない話題を振る。

 

やっと同僚Fはいつもの感じのトーンで返事をしてくれた。

 

同僚F「あー、あの食材をこぼしてからテンション下がって、すごく疲れてしまったなー。」

 

そう正直に言ってくれてから、通常通りの同僚Fに戻り、私と普通に会話をしてくれるようになった。

 

 

 

私のミスでもなんでもないのだが、沈黙があると悪いことを色々考えすぎて、自分で自分を苦しめてしまった

 

本当に私は人に影響されやすい