躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

鬱状態の金銭感覚(双極性障害II型)

躁鬱病双極性障害II型)になって10年以上経つ。

 

躁状態鬱状態を繰り返しているが、最近は鬱状態が多く、個人的な感覚としては人生の60%以上が鬱だと思っている。

 

 

 

2ヶ月前は大鬱だった。

 

新しい仕事を始め、右も左も分からない状態で、毎日強い不安を感じていた。

 

上司に怒られることはなかったし、同僚は優しく仕事を教えてくれたのだが、

 

「こんなに仕事ができないのは私だけではないか?」

 

「同僚にあまりにも初歩的なことを聞くので、嫌な顔をされないだろうか。」

 

「こんな訳も分からない状態で、仕事を続けられる自信がない。」

 

などと考えて、仕事中に頭痛がした。

 

どうにか数日仕事に耐えたが、私には完全に容量オーバーで、通勤や退勤時の車の中で何度も泣いた

 

体力と気力がなくなり、2週間ほどは睡眠を含めて1日12時間はベッドに横にならないとやっていけなかった。

 

そんな時は、お金を使ってリラックスや気晴らしをしようという発想はなくなる。

 

体を休めることで精一杯で、楽しいことを考えられない

  

 

f:id:betterlifewo:20210618073421p:plain

 

そして現在は大鬱からは抜け出したが、鬱状態が長く続いている。

 

多少仕事には慣れてきたが、まだ不安や心配が大きい。

 

「同僚は優しく見えるけれど本当は、仕事のできない私が来て、嫌気がさしているのではないか。」

 

「同僚とたまには会話をして仲良くなりたい気持ちもするが、私は結論のわからないような面白くない話をするので、嫌な思いをされるのではないか。」

 

「電話対応が苦手でいつもパニックになるから、誰も私に電話をしないでほしい。」

 

HSP気質も合わさって、そんなに気にしなくてもいいことさえも、大きな問題のように捉えて、毎日のように気疲れしたり自分を責めたりする

 

このような時は、ストレス発散のためにたまにお金を使いたいと考える。

 

マッサージ、美容室、カラオケ、スイーツ・・・

 

インターネットで探してみるのだが、いざ購入・予約となると必ず躊躇する

 

「私はこんなにお金を使っていいのだろうか?」

 

「私にこんな物を買う価値はあるのか?」

 

「体調が悪くなっていつか働けなくなってしまったら、やっていけるのか?」

 

ということが頭をよぎる。

 

借金をしているわけでもないし、貯蓄はゼロでもない。

 

そして決して高価なものを購入しようとするわけでもない。

 

マッサージ・・・¥5000

美容室・・・¥9000

カラオケ・・・¥1200

スイーツ・・・¥700

 

これくらいの価格帯のものでさえも、すぐに購入の決断ができない

 

購入・予約したいと思い始めてもう1ヶ月以上経つが、商品をお気に入り登録するだけで、まだ決心がつかない。

 

鬱状態は決断力はなくなるというが、これも症状のうちだろうか。

 

自己否定感が強いからというのもあるのだろうか・・・。