躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

急に決めたドタバタ海外旅行

 

 

躁状態の勢いで旅行とワーキングホリデーに行く日を急に決めて、十分な準備ができないまま日本を発った私。

 

まあ私の性格上、気になることや心配事が多すぎていつも準備を完璧に終わらせることはできないのだが・・・。

 

物事を効率よくこなしたいと思い、最善策を追求しすぎてなかなか物事を決められない。

 

 

 

たった5日間のアジア旅行。常に暖かい場所なので半袖短パンさえあればいい。普通であれば荷物は少なく、小さめのスーツケースで足りるだろう。

 

しかし、私はそこから直でオーストラリアに行くので荷物はかなり多かった。

 

更にその時は6月。アジアは夏だが、南半球にあるオーストラリアは冬だった。冬物がかさばって仕方がない。

 

今は必要のない23キロある冬物がたくさん詰まったスーツケースと、大きな2つのバッグを持って汗をかきながら移動した。

 

行く時期を分ければよかったと後悔した。

 

アジア旅行は結構行き当たりばったりだったが、ひとり旅で自由気ままに行動できたのでストレスは溜まらなかった。

 

初めて行く国の建築物や景色や食べ物は、今まで悩んでいたことを忘れさせてくれた。

 

言い換えれば、良い刺激は嫌なことを考える余地を与えない

 

旅行はいつも私をリフレッシュさせてくれる。

 

 

 

観光を楽しんでいるとあっとゆう間にオーストラリアへと出発する日になった。

 

この時点でやっとオーストラリアでの宿泊先を探す。

 

[価格・駅からのアクセス・レビュー・予約サイトの還元ポイント率] など比較しなければいけないことがたくさんあったけれど、時間がないのでとりあえず3泊だけ予約した。

 

日本語の通じない国から、また日本語の通じない国への移動。

 

国際空港へ向かうためにバスに乗るのも一苦労だ。

 

調べ物が追いつかなくて、最終日はアジア旅行を堪能している暇はなかった。