躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

将来について考える 〜躁鬱病で子供を出産するということ〜

躁鬱病になって13年。

 

いずれ子供を産みたいと考えているのだが、それにはいくつかの問題がある。

 

①妊娠中と授乳中に薬の服用ができない

 

妊娠中に気分安定剤などの薬を服用していると、子供に障害の出る可能性があると医師から聞く。

 

妊娠発覚後すぐに薬を辞めて出産した人もいるらしいが、基本的には薬は飲まない方が良いと言う。

 

しかし精神病で長年薬を飲み続けている人が、一年以上薬を辞めることはできるのであろうか?

 

はっきり言って今の私にはやっていける自信はない。

 

医師の指示通りに薬を毎日飲んでいても辛いことが多いのに、これをしばらく辞めるとなると生活していけないのではないかと思う。

 

中には妊娠中に入院する人もいるそうだ。

 

入院すれば毎日医師に会えるし安心だが、かなりコストがかかる。

 

9ヶ月間の入院費はいくらになるかと考えると頭が痛くなる。

 

②病気の遺伝の可能性

 

精神病の発症原因は50%が遺伝、50%が環境だと聞いたことがある。

 

躁鬱病の私から生まれた子が精神病になる確率はとても高くなる。

 

子供には私のように苦しんでほしくない。

 

必ず病気になるとは限らないが、こんな躁鬱病の遺伝子を持った私が子供を産んで良いのかと考えてしまう。

 

③産後鬱の不安

 

産後鬱の割合は10%と言われている。

 

躁鬱病を持つ私はほぼ確実に鬱になるような気がしているので、すでに気が重い。

 

鬱状態の時の育児

 

愛情を持って子供を育てることはできると思うのだが、鬱状態になった時に子供に迷惑をかけてしまうのではないかと思ってしまう。

 

いつも明るく楽しい母でありたい。

 

⑤不安定な経済状況

 

私は働かなくても生きていけるようなお金持ちの家庭ではない。 

 

まともに働けていないことが多く、自分1人でも経済的な不安があるのに、子供を養っていけるのか心配になる。

 

 

 

責任を持った親になるなんて簡単なことではない。

 

精神病を抱えた女性はどのようにして子供を出産し、育児をしているのかとても興味がある。