躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

『SISU ~フィンランドの幸せメソッド〜』

最近、鬱がひどくて幸せを全く感じていない。

 

何か本から元気をもらいたくて、図書館に行く。

 

幸せ不足の私が惹かれた本。

 

『SISU ~フィンランドの幸せメソッド〜』 カトヤ・パンツァル 著

 

今まで一度も北欧へ行ったことがなく、いつか旅行に行きたいと思っていたフィンランドに関係ある本ということで、興味が出た。

 

表紙は、青空の下で女性とハスキーが二匹がハグをしている。

 

私は犬に弱い。

 

すぐにこの本を借りることに決めた。

 

 

「SISU シス」とはフィンランドの人々に受け継がれる、しなやかな精神性、困難に立ち向かう勇敢さ、忍耐などのことだ。

 

そんな折れない心は、日々の健やかな身体に宿る。

 

サウナ・アイススイミング・森林浴・シンプルな食事法などを取り入れて生活し、「SISU シス」を育むという。

 

著者の実体験を混じえて、その方法を学ぶ内容だ。

 

 

 

 

面白いと思ったことは、フィンランド人はアイススイミングで不調を改善するということだ。

 

平均水温4度の冬の海に30秒から1分間ほど浸かると、セロトニンドーパミンなどの幸せホルモンが多く分泌される。

 

そうすると、ストレス緩和、免疫力の向上、痛みが和らぐといった効果があるというのだ。

 

「鬱改善のために、それはいいことを知った!」と一瞬思ったが、よく考えると私は冷たい水に浸かるのが苦手で、いくらサウナに入ってかなり体が熱くなった後でも、水風呂には一度も入ったことはない。

 

冬の海で泳ぐ外国人の姿をテレビで見たことはあるが、「この人たち大丈夫なの??」と驚いた。

 

どう考えても私にはできそうにない。

 

しかし優しい筆者は、自宅でもできるアイススイミングを教えてくれた。

 

冷水シャワーを30秒から1分間浴びて、そのあと温かいシャワーを浴びても、冷たい海水ほどではないがある程度の効果はあると言う。

 

そんな短い時間でもエネルギーがみなぎってくるらしい。

 

冷水シャワーでいいのならば、ちょっと試してみようかなと思った。

 

 

 

フィンランドでの生活によって「SISU シス」を手に入れた著者。

 

なんと彼女はフィンランドに移住する前、20代でうつ病になり悩んでいた。

 

しかし今は「SISU シス」を得たおかげで改善したという。

 

幸福度が高い国ランキング上位とも言われるフィンランド

 

この本を読んだ後に、フィンランドを旅行している自分を妄想するだけで、少し幸せな気持ちにしてくれた。