躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

カナダでカフェアルバイト② 〜初日〜

f:id:betterlifewo:20210805201931p:plain


フルタイムで1日8時間・週5日を希望していたが、まずはカフェの仕事に慣れるために最初の1週間は4時間だけの勤務がスタートした。

 

緊張の初日。

 

その日、韓国系カナダ人Sと日本人Aがスタッフとして働いていた。

 

日本人同士の方が説明がわかりやすいからとの理由で、Aが私の教育係となった。

 

仕事内容としては、レジ・軽食の調理・バリスタを全部をできるようにしないといけない。

 

まずはレジ打ちから習う。

 

キャッシュを入れるところは一般的なものだったが、入力はアイパットを使うという、なんだか今時のレジだった。

 

他にも小さなアイパットのようのものが2台あって、それはウーバーイーツなどのテイクアウトの注文を受けるものだ。

 

入力方法を教えてもらうが、全て英語表示で、訳がわからない。

 

ましてやまだどんなメニューがあるかもわからないから、ちんぷんかんぷんだ。

 

しばらく教えてもらった後に、すぐに実践開始という感じで、カウンターに来たお客のオーダーをとることになった。

 

心の準備がまだできていない。

 

あたふたするが、お客は待ってくれない。

 

カナダ人のお客がベラベラと話しているが、緊張とカフェで使う用語に慣れていないこともあって、全く頭に入ってこない。

 

そして私はあがり症なので、不安がすぐに顔に出てしまう

 

そうしているうちに、お客さんの列ができてしまい、私の使えない接客を見かねたAがレジ係を代わってくれた。

 

初日はいろんなことを教えてもらったが、その場にいるのが精一杯で、他のスタッフが働く姿を見ているしかなかった。

 

「あんなことできる気がしない。しかも覚えることがたくさんありすぎる。」

 

言うまでもなく、小心者の私は不安に押しつぶされて、その日は絶望を感じながら眠った

 

本当はカナダで新しい仕事ができると喜ぶべきなのに、そんな風に思える心の余裕は全くなかった