躁鬱の完治は諦めてます。

躁鬱歴13年。幸せを感じるのって難しい。

最近物欲がない 〜鬱状態と自己否定〜

 

最近私は物欲がなくなってきている。

 

年齢のせいもあるかもしれない。

 

今欲しいものはなんだろう・・・?

 

 

 

20代で躁状態の時は借金まではしなかったが、銀行の残高をほぼ気にすることなく買い物をしていた。

 

もの手放せない、収集癖に近いようなものがあった。

 

ショッピングをすることや物をたくさん持っていることに幸せを感じていた。

 

洋服、ブランドバッグ、アクセサリー、靴・・・

 

似たような洋服を持っているのに、少しだけデザインが違う商品、色違いの商品なども購入した。

 

おかげで一人暮らしのクローゼットは常にパンパンだった。

 

当時留年大学生で、アルバイトもしていなかったのにお金をたくさん使った。

 

同じ年頃の友人を買い物や遊びに誘うと、

 

「お金がないから、今は飲み会はやめとく。」

 

「バイト代まだ入ってないから、今度にする。」

 

と言って断る人もいたが、私は、

 

「楽しいことがあるのに、なんで参加しないんだろう。ケチるのは嫌いだ。」

 

と思っていた。

 

今思えば、友人たちの学生の身分としての価値観は間違っていなかったし、お金の管理もしっかりしていた。

 

お金を稼いでもいないのに後先考えずにお金を使う私の感覚がおかしかったのだ。

 

富裕層でもない普通の家庭にも関わらず、ずっと仕送りをしてくれていた親に申し訳ない気持ちだ。

 

しかし躁鬱病が安定せず、大学に通うことができなかった私の唯一生きている楽しみは、たまに行くショッピングや飲み会だった。

 

f:id:betterlifewo:20210716055635p:plain

 

最近はほとんど躁状態になることはなく、鬱状態で家に引きこもっていることが多い。

 

さらにコロナの影響で、外出をする機会がめっきり減ってしまった。

 

自己否定感をよく感じる。

 

「こんな私に価値はない。」

 

「私にはこんなもの買ってもしょうがない。」

 

「私にはお金を使う価値がない。」

 

そう思ってお金を使うことに罪悪感を感じ、病院に通うこと以外にお金を使えなくなってきた。

 

すると、だんだんものがいらなくなってくる。

 

「こんなの持ってても、外出できないし使わない。」

 

しまいには、使わない洋服やバッグなどをメルカリなどインターネットで売ったり、リサイクルに回すようになった。

 

以前は執着心が強く、なんでも物を抱えてクローゼットいっぱいに詰め込んでいたが、今はかなり断捨離が上手になった。

 

欲しいものが全くなくなったわけではない。

 

「いつか海外旅行に行きたい。」

 

「車を親にプレゼントしたい。」

 

などとたまに考えたりするが、どれも現実的なものではない。

 

やっぱり今欲しいものは何かと聞かれれば、健康と答えるだろう。